ワンピース音宴(おとうたげ)~イーストブルー編~

金谷かほり(演出)×田中公平(音楽監督)対談

解放感あふれる「音の宴」。
『ONE PIECE』の世界を、
五感をフルに使って体感してください!

最初に『ONE PIECE』がブラスのエンターテインメントになると聞いたときの感想は?

金谷 純粋に「いいじゃん!楽しそう」と思いました。ぜひ、やりたいと思いましたね。

田中 私は新しいことをやるのが大好きなので、こういうお話が来たときはできるだけお引き受けします。だから今回も「お、きたきた。金谷さんありがとう!」という感じでしたね。

金谷 『ONE PIECE』の音楽と言ったら公平先生をおいて他にいませんからね。先生の音楽=ワンピースの世界だと私は思っていますし、そう思っていらっしゃるファンの方も多いと思います。ですから、初めて音楽エンターテインメントとして皆さんの前に出ていくからには、先生に着手いただかないと。

田中 金谷さんは他の仕事でも、私の曲をすぐに気に入っていただいて。私の曲を愛してくれているのがよく分かります。だから金谷さんが演出で嬉しいです。ただ、『ONE PIECE』の名シーンのダイジェストが見られるとだけ思っている人がいたら、それは大きな間違い。良い意味で裏切れると思います。音楽に圧倒され、迫力を体感し、興奮して会場を後にしてほしいですね。

金谷 そうですね。例えばアニメに重きを持っているお客様にとっても良いサプライズがあると思うし、プラスの要素も多い気がします。

お二人が感じる『ONE PIECE』の魅力とは?またそれが『音宴』という舞台になって、さらにどう引き出されますか?

田中 私が感じているのは「大冒険もの」という点です。こういった壮大なスケールの冒険ものって、昔はいっぱいあったと思うのですが、最近は考えにくくなっている気がして。もっと外に向けて、もっと大きく、何でもできるんだよってことを、『ONE PIECE』を見てそういう気持ちになってほしいですね。

金谷 私にとっては、「仲間とは何かを教えてくれる物語」ですね。大人も子供も生きていく上で、それが分かっていくことが人生につながっていくから、すごく貴重なストーリーだと思います。その中でも今回は特に、音楽が主役ですから、シーンと音楽の素晴らしさがお客さまに伝わればと思っています。

田中 私としてはマンパワーを感じてほしいですね。電気ではない、人間の力で吹いたり叩いたりする音色が直接体にビンビン響いてくる舞台です。それを『ONE PIECE』の世界で表現するのですから、これはもう、『ONE PIECE』ファンにもブラスバンド好きにも、さらにはそんなもの聞いたことがないよっていう人たちにも、ものすごく良い体験になると思っています。

「音楽が主役」とはどういう意味ですか?

金谷 「何を見せるか」というのが演出家の仕事だとすると、今回は一番見えてほしいものが「音楽」なんです。もちろんキャラクターも出てくるし、映像もあるから、音楽で聞こえているものを目で見える形でどう見せるか、それがイコールであるべきだということです。それは音楽ものに限らず、耳と目を一致させることは重要なんです。目で見ているもののスケールと聞こえているもののスケールにギャップがあると、人ってすごくガッカリするんですよ。それの丁度良いところというのが必ずあるので、それを見つけながらやるという感じです。

田中 今回、音楽が主役と言ってくれて、すごく嬉しいんです。私たちの仕事は、普通はBGMとか劇伴と言う風に言われているんですけど、それは絵が主役であって音楽がつくという前提。ですが今回は最初からそう言っていただいているので、これはもう、やるしかないですね。

金谷 ミュージシャンは聴かせるだけでなく、海賊や山賊の衣装を着て、役もこなします。シーンの中で動きをつけて、役として舞台上に存在します。非常に重要なピースです。

なぜ今回は「イーストブルー編」なのですか?

金谷 まずは1作目ですからね。仲間になっていくところに感動があるし、そこをお見せしたいなと思ったからです。

田中 名シーンの数々がありますからね。あれもこれも入れたら収集つかないって話になって、だったら最初の一番いいところをやりましょうってなったわけです。これが好評だったら、次もあるじゃないですか(笑)。

金谷 曲順は、シーンの順番で決めました。ルフィがいて、ゾロ、そしてウソップという風に。

田中 私も漫画の順番に曲を書いていますから、改めて譜面を見ると、昔の日記を見ているみたいでした(笑)。それを今回ブラス用に全部アレンジし直したんですけど、それもまた新鮮でした。

田中さんに質問です。アニメの音楽を作るのとは違った作業だったかと思いますが、どこから着手しましたか?

田中 まずはブラスの特殊性です。私は通常まず、オーケストラで曲を書くんです。オーケストラだと弦が主役になったりするんですけど、『ONE PIECE』の音楽ではブラスも重要な位置を占めていた。そのブラスを特化させて、そこにオーケストラの色をどう寄せるか、というのが今回の課題だった。戦いのシーンなんかはブラスってはまり易いけど、泣かせのシーンはどうするんだって話だったんです。でも今のところ、アレンジがうまくいっているので、今後はアニメのほうでもブラスの曲を増やしていこうかなって思っているところです。「こういうアプローチもあるんだ」と、自分の作曲方法が増えた感じもしますね(笑)。

まだ稽古前ですが(2018年4月現在)、『音宴』のイメージはどのくらい見えている感じですか?

田中 私は自分の作業はほぼ終わっているので、80%くらいでしょうか。

金谷 私は残念ながら20%くらいですね。あまり詰めすぎて、実際やられる方たちと合わせたときにギャップを感じるのは嫌なので(笑)、会う前は2割くらい。そのあと、その人たちの魅力は何なのかというところで固めたいです。

田中 (金谷さんの仕事は)共同作業だからね。私の場合は一人作業だから、完璧に細部が見えないと書けないんですよ。

金谷 そうですね。それに私は、ブラスバンドと本格的なエンターテインメントをやるのは初めて。だから、様子を見ながら進めるという感じですかね。ミュージシャンは演奏しながらもさまざまな動きをするので、どういう動きができるのか、またシーンの流れでは、難しくてもやってもらったほうが良いという動きもあると思います。そういうことを擦り合わせながらですかね。さまざまな要素があるので、8割までいくのは3日前とかじゃないでしょうか(笑)。今はふわっとしているものが徐々に煮詰まって、最後にひとつの濃度の濃いものになっていくというのが、私のやり方なんです。

音楽が主役となる『音宴』ですが、その中でパフォーマー(役者)の役割というのは?

金谷 『ONE PIECE』のアニメーションと漫画の素晴らしさの夢を壊さないというか、そこを見せる、ライブでしっかり伝えるのが彼らの役目です。パフォーマーには、人間的な魅力があふれている方々に集まっていただきました。舞台って、立った瞬間にその人自身が見えてくるんです。だから容姿だけではなくて、中身の素晴らしさが見えてくる人。それからスキルですね。このキャラクターの人には、これをやってもらいたいというスキルがある人。それが大前提になります。まずルフィは、清潔なエネルギーがあふれている人。曲がりのない笑顔もそうですが、身体能力も高くないとダメなので、アスリート的な感覚と体の持ち主ですね。サンジはブレイクダンスが上手い方。ゾロは剣術のできる方。ウソップはやはり、みんなの愛されキャラなので、ウソップの何とも言えない可愛らしくも面白いところが表情で出せる方。ナミはバトンのできる方を選んでいます。その上で、容姿が似ている方たちです。

田中 良く日本に、これだけの方がいるんだなと思いました。

「宴」は重要なシーンだと思いますが、どのようなプランですか?

金谷 はい。『音宴』というタイトルにもある通り、「宴」が持つ解放感――音楽の宴である、という点が重要ですから。お客さまと身近に、一緒に音楽を楽しむというモメントづくりをしようと思っています。さらに『ONE PIECE』と言えば「宴」、何かがうまくいったときは必ず「宴」ですからね。そこは良い感じに一体感などが出せるんじゃないかなと思っています。

田中 単なる観客としてじゃなくて、「自分もパフォーマーだ!」みたいに参加してほしいですね。公演回数が進むにしたがって賑やかに、積極的に盛り上がってくれたら良いですね。仲間が増えていくみたいな感じかな。

2幕構成であるとお聞きしましたが、音楽はどのような構成になっているのですか?

田中 1幕では「イーストブルー編」のストーリーに沿った曲がたくさん登場します。
2幕では、それこそ宴らしいTVアニメのオープニング曲やエンディング曲、映画主題歌など名曲の数々をノリノリでやります!単なるヒットパレードになっちゃうとつまらないから、金谷さんの意見も取り入れながら、歌のイメージと舞台のイメージを合わせていって、という形ですね。「ビンクスの酒」「family」「New World」などもブラスアレンジで登場します。
「ウィーアー!」は『ONE PIECE』を代表する曲ですから、『音宴』の中でも一番重要なところで演奏しますよ。

『音宴』の見どころを教えてください。

金谷 私は仕事のモットーである「一番奥の一番角の席の方が、一番良かった」と思えるようにしたいです。一番奥でも一番楽しい思いをした、ということをいつも目標としていて。そういう工夫をしたいなと思っています。

田中 端のお客さんに向けて、トロンボーンを吹きまくるとかね(笑)。

金谷 いいですね(笑)。要は端だけじゃなく、すべての人が「この席で良かった」と思ってもらいたいんです。

田中 本当にその通りですね。普通は舞台までの角度や距離があるけど、客席まで降りて行ってトロンボーンを近くで吹かれたら、「ピストンってこんな風になっているんだ」とか「音ってここから出るんだ」とか体感できますからね。私はとにかく、人間にはこんな力があるんだというマンパワーを、耳で、目で、体で体験してほしいと思っています。このパフォーマンスを1回体験したら一生の思い出になると思っていますので、ぜひ会場にいらしてください。

金谷 さまざまな楽器が奏でる音と、麦わらの一味が一体になったときに、その魅力がどんどんお客さまに伝わっていくと思いますので、ぜひご来場いただき、一緒に盛り上がっていきましょう!

Photo:taro